Navigation

@ビリング申込で電話料金を月110円節約


NTTの電話料金は、@ビリングに申し込むことで月110円割り引くことができます。NTT西日本管内に在住の方なら、MYビリングに登録して下さい。

NTTの@ビリングとは、電話料金の請求額を、Web上で確認できるサービスです。申込は無料。

パソコン、iモードから、前日までの電話料金、通話明細などを確認することができます。
また、紙資源の節減を通じて地球環境の保護にもつながります。

@ビリング、MYビリングにすることで、NTT側は経費の節減に繋がり、利用者は節約に繋がります。

ただし、電話料金の支払いを、口座振替かクレジットカードで払っている人のみが対象となります。

NTT東日本の@ビリング申込は→http://www.ntt-east.co.jp/shop/annai/atto/atto-kouza.html

プラチナライン加入で、市外電話が安くなる

NTTコミュニケーションズの「プラチナライン」(登録料840円)に加入すると、市外への電話だけではなく、市内通話、国際電話、携帯電話への通話もすべて安くすることができます。また、逆に登録した携帯電話から自宅への通話も安くすることができます。携帯電話3回線まで登録可能です。

登録時のみにかかる840円はすぐに元が取れると思います。シミュレーションができますので是非試してみて下さい。

国内・国際・携帯への通話がまとめておトク!

電話料金はクレジットカード払いがお得

以上の割引方法に加えて、お薦めしたいのが、還元率の高いクレジットカードでNTTグループカードの電話料金を払うことです。

以下で紹介する、(株)ポケットカードが発行するポーラスターカードプラスは還元率が1.8%にもなりますので、無視できない金額を節約することができます。

現在クレジットカードで決済している分を全てポーラスターカードプラスに集中させたら、かなりの金額が節約できるでしょう。

ポーラスターカードプラスでは、請求時に1%の割り引きされた金額で請求書が届きます。その月の電話代が5000円だった場合は、1%OFFされた4950円として請求が上がってくると言うことです。

これだけでも充分お得です。しかし、さらに1000円の利用につき2Pのポイントがもらえ、このポイントは現金6円分、Gポイント、Yahoo!ポイント、NTTドコモポイント、auポイント7円分、ジェフグルメカード8円分に相当します。さきほどの1%OFFと合わせて、合計の還元率はそれぞれ、1.6%、1.7%、1.8%にもなります。

年会費は3150円かかりますが、年間39万7500円以上利用する人には、年会費無料の1.0%還元クレジットカード(楽天カードや、SBIカードなど)よりお得になります。

この397500円という数字は、年会費の差を、還元率の差で除算した数字です。二つのカードの損益分岐点に当たります。

つまり、年間のカード決済額が39万7500円以上なら、年会費を払ってもポーラスターカードプラスに軍配が上がり、年間の決済額が39万7500円未満なら楽天カードでも十分ということです。

NTT固定電話、NTTドコモの携帯電話代などの公共料金を払っただけでも、年間39万7500円程度は行ってしまいますので、ネットショッピングやレストランの支払いなどもクレジットカードで行っている人は、ポーラスターカード<プラス>に支払いを集中させた方が節約・お得になります。

しかも、年会費無料カードにはない、ショッピング保険や自動付帯の海外旅行傷害保険も付いています。

ポーラスターカード<プラス>の券面には、polarstar(北極星)が描かれていて、それを挟んで、北斗七星とカシオペア座が描かれています。スッキリしたデザインの券面で、持っていて恥ずかしくないクレジットカードですよ。

公共料金の支払いカードはこれで決まり!


ポーラスターカードプラス

還元率1.6%〜1.8%のポーラスターカードプラスは公共料金の支払いに最適です。決してせこくはない金額の節約が可能です。

ポーラスターカードプラスで支払うだけで年間5000円はお得!